/

この記事は会員限定です

党員獲得上位、分裂区ずらり

自民、公認判断で重視

[有料会員限定]

自民党は3月、党所属の国会議員のうち2020年に獲得した党員数が多かった上位10人を発表した。同じ選挙区で複数の候補が党公認を争う「保守分裂」選挙を重ねてきた議員が目立つ。秋までにある次期衆院選を前に、激しい戦いを迫られる議員の地元事情を反映する結果となった。

「トップ10を発表します」。3月21日に都内のホテルで開いた党大会。会場の大型ビジョンに上位者が表示されると場内はどよめいた。

二階俊博幹...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン