/

この記事は会員限定です

5月より「6月に売れ」?

米の税還付延長、株高効果

[有料会員限定]

米国の相場格言「セル・イン・メイ(5月に売れ)」が通用しなくなってきたとの見方が出ている。今年は新型コロナウイルス禍で米国の確定申告期限が5月17日に延長され、その約1カ月後まで税還付による買いが続くとの予想が多いためだ。5月の株価は米国、日本とも上昇して始まった。もっとも、個人投資家の買いは大きく膨らんでおり、6月以降の逆流に警戒感が強まっている。

「セル・イン・メイは起きないだろう」。埼玉県在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン