/

この記事は会員限定です

減収の宿泊 逆風強まる 観光業継続、直接給付も課題

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が始まって1年余り。訪日外国人は消え、国内観光客も大幅に減った。政府は観光業を支えるために需要喚起策「Go To トラベル」を打ち出したほか、愛知県も県内旅行に最大1万円を補助する取り組みを実施した。

しかし、感染が拡大すると、こうした支援策は中止に追い込まれた。不要不急の外出自粛を求めるなかで観光旅行を促すのは難しい。

政府は観光業者の資金繰りのために無利子・無担保融資も実施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン