/

この記事は会員限定です

「ジョブ型」の誤解を正す

鶴光太郎・慶大教授

[有料会員限定]

にわかにジョブ型雇用が注目されるようになってきた。ジョブ型とは職務、勤務地、労働時間いずれかが限定された正社員の雇用形態を示す言葉だ。振り返るとジョブ型雇用が世間を騒がせたのは2013年にさかのぼる。当時、筆者は、規制改革会議委員・雇用ワーキンググループ座長を務め、雇用改革の「切り札」としてジョブ型雇用の普及を掲げ、その推進に関与した当事者でもあった。

再度、ジョブ型雇用が脚光を集めている理由・背...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン