/

この記事は会員限定です

医師らの接種完了、2割どまり

自治体、高齢者分を転用も 人手確保なお難題

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンを打ち終えた医療従事者が全体の2割の100万人程度にとどまっている。国として調達が遅れ、4月中旬まで配分量が少なかった影響が残る。住民への接種にあたる医師らを優先し、高齢者向けのワクチンを転用する自治体も目立つ。5月中旬以降は全体の供給量が増えるが、実際の普及には人手の確保が引き続き大きな課題になる。

国内で唯一実用化している米ファイザー製は3週間あけて2回打つ。医療従...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1129文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン