/

この記事は会員限定です

三菱地所、米にデータ拠点

事業費2000億円、巨大ITの利用狙う

[有料会員限定]

三菱地所はデータセンター事業に参入する。米国で自己資金のほか、外部からの投資も集め、2030年ごろまでに合計7棟を建設する。総事業費は2千億円規模を見込む。世界でデータの流通量が急速に拡大し、米グーグルなど「GAFA」に代表される巨大IT(情報技術)企業向けのデータセンター需要が高まっていることに対応する。

データセンターはバージニア州北部に建てる。首都ワシントンに近く政府により光ファイバー網がいち早く構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン