/

この記事は会員限定です

ワールドプレミアV 天皇賞・春

持久力勝負で持ち味

[有料会員限定]

競馬の第163回天皇賞・春(GI・芝3200メートル)は2日、阪神競馬場で17頭が出走して行われ 3番人気のワールドプレミア(福永祐一騎手)が3分14秒7のレコードで優勝。2着に1番人気のディープボンド。

ワールドプレミアは父ディープインパクト、母マンデラ、母の父アカテナンゴ。牡5歳。栗東・友道康夫厩舎。

生産者は北海道安平町、ノーザンファーム。馬主は大塚亮一氏。11戦4勝。獲得賞金4億5594万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り498文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン