/

この記事は会員限定です

日米金利差開き円安も

強い米景気を意識

[有料会員限定]

今週の外国為替市場は円安が進む展開か。米国では景気回復を示す指標が相次ぎ、長期金利が再び上昇しつつある。週内に発表される米雇用統計なども好調な結果が見込まれ、日米金利差の拡大に伴う円売り・ドル買いが出やすい。

円相場は4月23日に約1カ月半ぶりの円高・ドル安水準となる1ドル=107円台前半をつけた後、じわじわと円安方向に戻している。月末にかけて109円台まで下落した。米10年物国債利回りが1.6%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン