/

この記事は会員限定です

7日 JALが中期経営計画発表

LCCで収益立て直し

[有料会員限定]

日本航空(JAL)が7日、2022年3月期からの中期経営計画を発表する。新型コロナウイルスの感染拡大が経営に打撃を与えているうえ、テレワークの拡大などで「コロナ後」の航空需要にも下押し圧力がかかっている。観光需要の取り込みの加速や非航空事業の強化など、収益構造のテコ入れをどう進めるかが焦点になる。

新中計は21年3月期の決算とあわせて発表する。前期は連結最終損益(国際会計基準)が2870億円の赤字(前の期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン