/

この記事は会員限定です

売却のM&Aに安心感

市場、攻めの買収より評価

[有料会員限定]

好決算でも予想に届かないと売り込まれるケースが目立つ株式市場。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う3度目の緊急事態宣言で投資家心理にかかる雲は分厚さを増すばかりだ。買い材料が乏しいなか、M&A(合併・買収)に目を向ける投資家が増えている。それも高値づかみのリスクが残る「買収」ではなく、確実にキャッシュが転がり込む「売却」案件に限ってだ。

「本当に日立製作所は売り上手。こんな値段、うちには出せないよ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン