/

この記事は会員限定です

オフィスの賃料下落

今年上期 東京新築、3年ぶり低さ

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍に伴う企業のオフィス需要の減退で、賃料水準が下がっている。日本経済新聞社のオフィスビル賃貸料調査によると、2021年上期の東京の新築ビル(築後1年未満)の賃料を示す指数は上期として3年ぶりの低水準まで下がった。既存ビルでも上昇幅が縮小し、オフィスの需給バランスの崩れが目立っている。(詳細は5日付特集面に掲載)

賃貸料から算出したオフィスビル賃貸料指数(1985年2月=100)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り750文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン