/

この記事は会員限定です

株主訴訟リスク高まる

[有料会員限定]

2015年にコーポレートガバナンス・コードが導入されて以降、日本でも取締役に対して企業価値の向上を求める向きが強くなった。株主は取締役の行動に、厳しい目線を向ける。取締役が企業価値を毀損したとみなされれば、株主代表訴訟などに発展する可能性も高まっている。

代表的な例は20年に起きた関西電力の金品受領問題を巡る株主訴訟だ。この訴訟で原告側は、問題が起きた当時の旧経営陣だけでなく、20年時点の経営陣の責任も求...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン