/

この記事は会員限定です

熊本のバス5社共同経営 全国モデルへ県も後押し

[有料会員限定]

熊本県内のバス5社による共同経営が4月に始まった。2020年11月に施行された独占禁止法の特例法で可能となり、複数の事業者が同一区間を走っている熊本市内の4区間について、まずは効率的な運行に切り替えた。熊本に限らず路線バス事業者は利用者の減少や乗務員不足に加え、新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が悪化している。熊本の試みは、各地で注目を集めそうだ。

熊本の共同経営は九州産交バスと産交バス、熊本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン