/

この記事は会員限定です

(織田記念陸上)山県ケガ越えV 男子100

序盤で先行、強さ取り戻す

[有料会員限定]

陸上の織田記念国際は29日、広島市のエディオンスタジアム広島で行われ、男子110メートル障害決勝は金井大旺(ミズノ)が13秒16の日本新記録で優勝した。追い風1.7メートル。高山峻野(ゼンリン)の2019年の記録を0秒09縮め、東京五輪参加標準記録を突破した。

女子100メートル障害の寺田明日香(ジャパンクリエイト)は追い風1.6メートルの決勝で自らの日本記録を0秒01縮める12秒96をマークし優...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り813文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン