/

この記事は会員限定です

水素エネ普及に3700億円

経産省が2兆円基金から配分、供給網構築へ企業を公募

[有料会員限定]

経済産業省は28日、脱炭素技術の開発などを支援する2兆円の基金のうち、水素関連の2事業に最大3700億円を配分する方針を決めた。基金の配分額を明らかにするのは初めて。5月中にも企業の公募を開始する。

28日開いた産業構造審議会(経産相の諮問機関)の会合で了承された。内訳は海外から大量に水素を運ぶ供給網の構築に向けた事業で最大3000億円と、国内で水から水素を製造する装置の大型化に向けた事業で最大7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン