/

この記事は会員限定です

東電の統治強化に意欲 次期会長に小林氏

不祥事・廃炉対応…再建いばら道

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)は28日、空席となっていた会長に三菱ケミカルHD会長の小林喜光氏が就任すると発表した。経済同友会の前代表幹事を務めた小林氏の起用でガバナンスの強化を狙う。柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)での相次ぐ不祥事などが響き、収益回復は遠のく。経営再建はいばらの道だ。

「原発の地域の皆さんの信頼を失ってしまった。安全の確保や信頼の回復の取り組みを主導するのが第1の使命だ」。小林氏は28日午後、東京都内で開いた記者会見で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン