/

この記事は会員限定です

日立、「IT企業」へ総仕上げ 独シーメンス追撃へ

日立金属を売却、米IT買収 今期営業益、最高に迫る

[有料会員限定]

日立製作所の事業再編が最終段階に入ってきた。28日、上場子会社の日立金属の売却を正式発表し非中核事業の見直しに一定のメドをつけた。その一方で米IT(情報技術)会社のグローバルロジックを買収するなど攻めの投資を加速。産業向け機器を手がける製造業の強みとITを駆使して「デジタル会社」への転換を推し進め、世界市場で先行する独シーメンスを追撃する。

「最高経営責任者(CEO)に就任後、グローバルで戦える形をどう作るかを考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン