/

この記事は会員限定です

スズキ、四輪世界生産20年度11%減

[有料会員限定]

スズキが28日発表した2020年度の四輪車生産・販売統計(速報値)によると、世界生産は19年度比で11%減の265万1148台だった。2年連続の縮小だが、マイナスは小幅に抑えた。コロナ禍の当初の落ち込みから主力のインドのけん引などで巻き返した格好だ。ただ同国では爆発的な感染拡大もある。先行き不透明感はなお根強い。

「厳しいコロナ禍のなかで(挽回で)大きな成果を上げた」。28...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン