/

この記事は会員限定です

中部電、経常益0.2%増

前期、東邦ガスは33%減

[有料会員限定]

中部電力が28日発表した2021年3月期の連結決算は、事業のもうけを示す経常利益が前の期比0.2%増の1922億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で電力販売は苦戦したが、20年冬に全国的に電力が逼迫した際に他の企業に電力を融通し、関連利益が伸びた。

液化天然ガス(LNG)などの燃料価格は20年前半に急落したが、後半にかけて上昇した。燃料価格の変動分を販売価格に反映させるまでのずれの影響を除いた経常益は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン