/

この記事は会員限定です

脱炭素目標と食料システム(下) 取り組みの「見える化」進めよ

西尾チヅル・筑波大学教授

[有料会員限定]

地球温暖化、気候変動への対応として2050年カーボンニュートラル=二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロ=に向けた社会経済への転換が急務である。食品や農作物も例外ではなく、脱炭素化、低炭素化への対応が不可欠だ。本稿では、食品や農作物の脱炭素化を推進する上での課題と対応を、フードサプライチェーン(供給網)全体から考える。

サプライチェーンとは本来、商品が消費者に届くまでのプロセスを指す。しかし昨今の脱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2635文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン