/

この記事は会員限定です

日揮、新興投資に100億円

SDGsで協業狙う

[有料会員限定]

日揮ホールディングス(HD)は国内外のスタートアップを対象とした100億円の投資枠を設定した。国連のSDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献を重視し、脱炭素や災害に強いインフラ構築などにつながる技術を持つ企業に投資する。自社における新事業の創出や新技術の開発に向けて協業する狙い。

ベンチャーキャピタル(VC)のグローバル・ブレイン(東京・渋谷)と組み、まずは総額50億円規模のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン