/

この記事は会員限定です

「つながる車」通信共通化

トヨタなど5社、仕様開発

[有料会員限定]

トヨタ自動車スズキSUBARU(スバル)など5社は27日、コネクテッドカー(つながる車)向けシステムの共同開発で合意したと発表した。通信網を通じて自動車とデータを処理・蓄積するサーバーをつなぐ車載通信機の技術仕様を共同で開発する。提携関係にあるメーカーで技術者や設備を持ち寄り、コネクテッド分野の開発を急ぐ。

共同開発するのはトヨタ、スズキ、スバル、マツダ、ダイハツ工業の5社。コネクテッド分野は情報処理や通信の技術進展がはやい。各...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン