/

この記事は会員限定です

死角なき金融の中国シフトを

論説委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

大手証券グループの野村ホールディングスが過半出資する中国・上海の合弁会社「野村東方国際証券」。2019年12月の開業からウェルスマネジメントという富裕層向けの資産管理・運用を中心に業容を広げ、現在までに600口座超、500億円強の資産を集めた。

20年12月には北京に支店を出し、今年7月の深圳進出を目指す。中国事業統括の飯山俊康・野村証券副社長によれば「ビジネスは着実に前に進んでいる」。23年には現在200人程度の人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン