/

この記事は会員限定です

中国、アフリカに空母施設

要衝ジブチ、米仏も基地 インド洋へ展開視野

[有料会員限定]

【北京=羽田野主】中国がアフリカ東部ジブチの軍事基地で空母の受け入れ施設を完成させた。米国海軍協会(USNI)のニュースサイトが20日、報じた。最新鋭の強襲揚陸艦も停泊できる体制を整えた。米国などの「自由で開かれたインド太平洋」構想に対抗する動きだ。

ジブチはインド洋と紅海を結ぶマンダブ海峡に面し、要衝として知られる。中国海軍は2017年に大型補給船用の埠頭を建設した。中国は当時、東アフリカのソマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン