/

この記事は会員限定です

介護負担軽減、北九州市が支援拠点

[有料会員限定]

北九州市は26日、ロボットやIT(情報通信)機器を使って、介護施設で働く職員の負担軽減を支援する専門拠点を開設した。職員の業務時間を約35%減らす「北九州モデル」の普及を目指す。

北九州市は2016年度以降、市内の施設で職員の負担軽減について研究。要介護者をベッドに移す際の介助ロボットや、ベッドにつけた生体センサーなどを使い、業務時間削減を実証した。その...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン