/

この記事は会員限定です

緊急事態、鈍い通勤客減少

「資料持ち帰れず」「電車は混雑」 東京の人出、2~4%減

[有料会員限定]

東京、大阪、京都、兵庫の4都府県は26日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う3回目の緊急事態宣言の発令後初の平日を迎えた。政府は25日から5月11日までの17日間で集中的に人の流れを抑えることを目指すが、東京駅周辺の26日午前8時台の人出は1週間前の4%減にとどまった。「宣言慣れ」への懸念が広がる中、幅広い業種への休業要請などの感染防止対策が成果を上げられるかが焦点となる。

午前7時 主要駅

JR新宿駅の改札口前では...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン