/

この記事は会員限定です

1993年4月27日 「MMRワクチン」健康被害、厚生省が接種中止

[有料会員限定]

1993年4月27日、厚生省(当時)は新三種混合ワクチンの接種中止を決定した。89年から導入されたが、接種後に無菌性髄膜炎の発症例が相次ぎ報告されるなどして、中止決定に至った。

このワクチンは麻疹・おたふくかぜ・風疹の3種類を予防する。3種の頭文字を取ってMMRワクチンとも呼ばれる。発症はおたふくかぜワクチンの成分によるとされ、その後健康被害についての訴訟で国が敗訴した。国は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン