/

この記事は会員限定です

家庭の排出、大半は容器包装

[有料会員限定]

レジ袋有料化は生活様式見直しの一歩になった。一方でプラごみ全体量に占める割合はわずか2%にすぎない。スプーンを有料化したとしても、政府の「2030年までに使い捨てプラ25%削減」目標の達成には、量の多い容器や包装の削減が欠かせない。

家庭から排出されるプラごみの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン