/

この記事は会員限定です

投資マネーで住宅高騰 賃貸向け流入、5割増

[有料会員限定]

東京都や大阪府などの大都市中心部で住宅が値上がりする背景には、高所得者層やファンドが投資目的の購入を増やしていることもある。特に一等地のマンションに国内外から投資マネーが流れ込む。(1面参照

今年1月、東京の人気エリアの広尾で売り出されたマンション38戸が1カ月で売り切れた。ワンルーム中心で価格は1戸5200万~8680万円。購入者の年収は1000万円以上が9割を占め、すべて賃貸収入や節税を目当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン