/

この記事は会員限定です

アステラス、カギ握る配当

高ROEで財務の優等生でも還元見劣り、株価低迷

[有料会員限定]

アステラス製薬の株価低迷が長引いている。資本効率の高さや9期連続の増配といった財務の優等生ぶりは際立つが、株価騰落率は中外製薬第一三共など競合の製薬大手と差を付けられている。製薬大手が重視する自己資本配当率(DOE)で比較すると、配当性向で見劣りしていることがアステラス株の上値を抑える一因になっている。

「今の株価には満足できない」。岡村直樹副社長は悔しさをにじませる。中期経営計画を発表した2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン