/

この記事は会員限定です

ANA、前期4050億円最終赤字

1050億円上振れも過去最大

[有料会員限定]

ANAホールディングス(HD)は23日、2021年3月期の連結最終損益が4050億円の赤字(前の期は276億円の黒字)になったと発表した。過去最大の赤字だが、運航規模の縮小や航空機の小型化などのコスト削減、繰り延べ税金資産の計上で従来予想(5100億円の赤字)からは1050億円上振れした。

売上高は前の期比63%減の7250億円、営業損益は4650億円の赤字(前の期は608億円の黒字)となった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン