/

この記事は会員限定です

機関投資家、冷める視線

配当利回り、海外に見劣り

[有料会員限定]

日本株を支えてきた国内機関投資家の買いが細るとの懸念が浮上している。株価が歴史的水準まで上昇したことで、長期投資家が重視する配当利回りが下がり、外国株との比較で見劣りが目立つためだ。買い遅れた機関投資家の買いが今後も日本株を下支えするとの楽観論もあったが、買いの勢いは想定より鈍くなる可能性も出てきた。

「配当利回りで考えると、日本株より外国株に投資した方が有利と判断した」。富国生命保険の鈴木善之財...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン