/

この記事は会員限定です

新興集う「日本橋バレー」 医療系71社、4年で3.7倍

三井不が後押し、宇宙関連も集積

[有料会員限定]

五街道の起点として知られ、江戸時代から交通や商業の要衝だった東京・日本橋がスタートアップの街に生まれ変わりつつある。目立つのは医療系で、エリアの「大家」である三井不動産のビルに入居する関連スタートアップは71社と4年で3.7倍に膨らんだ。最近は宇宙関連企業の集積も進む。東京都内で渋谷や六本木に続く新たな「バレー」として注目を集めている。

「日本橋が成長のきっかけになった」。再生医療スタートアップのヒューマン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン