/

この記事は会員限定です

退職金 運用の失敗避ける

株比率抑え、コストも意識

[有料会員限定]

「退職金の一部は運用に回すつもり」。3月に定年退職した男性Aさん(60)はこう話す。4月末に約2500万円の退職金が振り込まれる予定で、半分程度は住宅ローンの返済などに充て、残りのうち約1000万円を株式で運用する計画だ。継続雇用で働き続けることもあって老後資金にある程度のメドは立っているが「暮らしに余裕を持たせたい」という。

退職金でまとまった額の資金を手にして、Aさんのように運用を考える人は少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1596文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン