/

この記事は会員限定です

「物流版ウーバー」 法がブレーキ

配送マッチングサービス、マイカー使いづらく

[有料会員限定]

「物流版のウーバー」と呼ばれる、荷主と配送員のマッチングサービスが注目されている。新型コロナウイルスの流行によるネット通販の需要増などから、成長が期待される。ただ日本では一般人が自家用車を使って配送することに対する法規制が厳しく、サービス拡大の足かせになっている。物流の安全を保ちつつ、利便性を高めるバランスが課題だ。

「買い物に来たお客さんに、ついでに自分の車を使っての配送の仕事を頼めないか」。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン