/

この記事は会員限定です

坂口安吾「白痴」 東京・大田区

その戦争の破壊の巨大な愛情が、すべてを裁いてくれるだろう。

[有料会員限定]

坂口安吾は1930年から20年ほど、主に東京都大田区東矢口2丁目、東急多摩川線・矢口渡(やぐちのわたし)駅近くで暮らした。

今は駐車場だが、〈無頼派〉の名を世に知らしめた作品の多くをこの家で執筆した。戦時中の自宅周辺を舞台にした本作もしかり、である。

45年4月15日。大田区を火の海にした「城南空襲」を山場に、隣家の知的障害者の人妻との奇妙な同居生活を機に、己の卑小さを見つめ直す〈主人公・伊沢=...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1052文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン