/

この記事は会員限定です

パリ協定 環境対策の枠組み、米復帰

[有料会員限定]

▽…2020年から適用が始まった気候変動対策の国際的な枠組み。約190カ国・地域が批准し、温暖化ガスの排出削減などを目指す。15年にパリで開いた第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で合意し16年11月に発効した。排出量が世界で2番目に多い米国はトランプ前政権が17年に離脱を表明したが、バイデン大統領になり21年2月に復帰した。

▽…パリ協定では途上国を含むすべての国が自ら削減目標を作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン