/

この記事は会員限定です

首相、中国寄りの印象払拭 日米共同声明

52年ぶり台湾言及、軍事バランス懸念共有

[有料会員限定]

菅義偉首相は16日のバイデン米大統領との首脳会談で日本の防衛力強化への決意に加え、中国が敏感に反応する「台湾海峡の平和と安定の重要性」にも踏み込んだ。共同声明での台湾言及は52年ぶり。首相は中国との経済関係を重視する傾向があるとみていた米欧メディアの予想を覆した。

16日午後、ホワイトハウスの大統領執務室で開いた首脳会談の少人数会合。首相が「日本は防衛力を強化する必要がある」と切り出すと、両首脳の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン