/

この記事は会員限定です

大企業の健保、78%が赤字

健保連21年度集計 コロナ前から倍増、解散組合増える恐れ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で、大企業の社員らが入る健康保険組合の財政が悪化している。健康保険組合連合会(健保連)が22日まとめた全国約1400組合の2021年度の予算集計では、78%が赤字を見込む。収支の均衡に必要な実質保険料率も解散の目安とされる10%を初めて超える見通しだ。

赤字を見込む健保は20年度より12ポイント高まった。「高齢化の影響で22年以降に支出の急増を見込んでいたが、新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン