/

この記事は会員限定です

伊勢丹、仮想空間に新宿店

政府公開3D地図 まちづくりに活用、日立も新ビジネス創出

[有料会員限定]

政府が4~5月に全面公開する全国の3次元(3D)デジタル地図プラットフォームから新ビジネスが生まれている。三越伊勢丹ホールディングス(HD)は半月で東京・新宿の仮想空間に百貨店を出店した。日立製作所は人の流れを解析して再開発に生かす。オープンデータの活用は欧州が先行する。日本でも街づくりのデジタルトランスフォーメーション(DX)に生かせるか試金石となる。

56都市リアルに

3D地図プラットフォーム「プラトー」は実際の都市をデジタル空間でそのまま再現し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン