/

この記事は会員限定です

株、底上げから選別へ

高ROEなど「質」に注目

[有料会員限定]

22日に日経平均株価は3日ぶりに反発したものの、押し目買いにとどまり高値を目指すとの見方は乏しい。市場ではこれまで業績回復期待から幅広い業種が物色されてきたが、3度目の緊急事態宣言が取り沙汰され、景気回復2年目の持続力に不透明感が漂う。そうしたなか業績の「質」に注目した銘柄選別が始まっている。

22日に上昇が目立ったのはレーザーテックや東京エレクトロン、信越化学工業といった半導体関連や、日本電産や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン