/

この記事は会員限定です

〈マーケットの話題〉タワー投資顧問、変身?

[有料会員限定]

国内ヘッジファンドのタワー投資顧問(東京・港)が関東財務局に16件の変更報告書を提出し、保有目的を純投資に加え経営陣への「重要提案行為を行うこと」に変更した。真意は不明だが、企業との対話を活発化する狙いがあると市場ではみられている。

タワー投資顧問は破綻した北海道拓殖銀行から無名のころのニトリ株を買い取るなど、小型株投資を特徴とするファンドだ。今回変更報告書が出されたのは牧野フライスやACCESS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン