/

この記事は会員限定です

無人販売 コロナ下で脚光 北関東ロードサイド中心に

卵・干し芋・イチゴ… 地域の農産品PR

[有料会員限定]

地域の農産品を無人販売でアピールする試みが北関東で広がり始めた。茨城では全国で生産量が最も多い鶏卵の無人直売所に加え、特産の干し芋を購入できる自動販売機が登場した。新型コロナ禍で外食や宴会の需要が冷え込む中、非対面販売のニーズ拡大をとらえて販路拡大につなげる。

茨城県ひたちなか市の県道沿いで3月下旬に登場したコンテナ建造物。パック入りの鶏卵が棚に置かれているが、店員はおらず、購入客は賽銭(さいせん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1254文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン