/

この記事は会員限定です

EU、AIに包括規制案 個人の自由保護

世界初、顔認証などに事前審査制

[有料会員限定]

欧州連合(EU)が人工知能(AI、総合2面きょうのことば)の利用規制に乗り出す。顔認証などでの利用で事実上の事前審査制を導入する。違反すれば最大で3千万ユーロ(約39億円)か世界売上高の6%分の罰金の可能性もある。個人の自由や権利を守る狙いだが、イノベーションが阻害される恐れもある。進化する技術のリスクを抑え、経済や社会の利益につなげられるかが問われる。

EUの欧州委員会が21日に規制案を公表した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン