/

この記事は会員限定です

綱渡りのワクチン(4)接種で緩み「最悪招いた」

[有料会員限定]

「現在の対策で人の移動を抑えられないなら、さらなる対策をとる」――。チリの保健相であるエンリケ・パリスは13日、国民に新型コロナウイルス対策を徹底するよう訴えた。

全人口の約3割がワクチン接種を終え、2020年12月に外出規制などを一部緩和したチリは世界的に「優等生」とみられてきた。ところが、足元では新規感染者数が再び拡大し、3月後半からは首都サンティアゴなどで事実上のロックダウン(都市封鎖)に踏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り762文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン