/

この記事は会員限定です

(社説)慰安婦判決生かし日韓打開を

[有料会員限定]

元従軍慰安婦の韓国人女性らが日本政府に賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は原告の訴えを却下した。国家は外国の裁判権に服さないとする国際法上の「主権免除」の原則を認めた適切な判断だと評価できる。冷えきった日韓関係を打開する契機としたい。

判決は「外国の主権的行為に対する損害賠償は認められない」との判断を示した。別の元慰安婦らが原告だった同地裁の1月の判決は「反人道的犯罪」と日本政府に慰謝料支払いを命...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン