/

この記事は会員限定です

ミャンマー進出の日系企業、駐在員相次ぎ帰国

旅客搭乗率 7割まで上昇

[有料会員限定]

ミャンマーに進出している日本企業の間で、現地の駐在員を帰国させる動きが広がっている。大成建設は月内をめどに現地の日本人駐在員を一時帰国させることを決め、KDDIやスズキも一部の駐在員を日本に帰国させた。国軍によるクーデター後、市民に対する弾圧は一段と激しさを増している。同国内での混乱が続き、ビジネスを従来通りに続けることが難しくなりつつある。

駐在員の帰国が増えていることなどを受けて航空需要も高まりつつある。ヤン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン