/

この記事は会員限定です

外食復活の条件は?

続く将来不安、賃上げ必要 小川賢太郎・ゼンショー会長兼社長

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの収束が見えず、外食など国内消費の停滞が続いている。ワクチン接種が始まるなど明るさも見えるが、コロナ前から伸び悩む外食需要は簡単に復活しないとの見方もある。外食市場の復活には何が必要か。外食最大手のゼンショーホールディングス(HD)の小川賢太郎会長兼社長に聞いた。

――この1年で消費行動はどう変わりましたか。

「外出自粛や在宅勤務の拡大などで生活様式が変わったが、消費の根本は変わらない。将来不安がある限り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン