/

この記事は会員限定です

合成燃料、40年に商用化

CO2排出「ゼロ」、車・航空で脱炭素 経産省

[有料会員限定]

経済産業省は工場などで排出した二酸化炭素(CO2)を回収し、水素と反応させてつくる「合成燃料」を2040年までに商用化する。技術開発や実証を進め、30年までに大量生産できる技術を確立する。CO2実質ゼロの燃料として50年にはガソリン以下の価格に下げて脱炭素化を後押しする。

有識者会議でとりまとめた報告書を近く公表する。合成燃料は工場や発電所が排出するCO2を再利用し、触媒を使って水素と反応させて製...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン