/

この記事は会員限定です

気候変動で米中対話必要

前カリフォルニア州知事 ジェリー・ブラウン氏

[有料会員限定]

米国が主催する気候変動サミットが22日、オンラインで始まる。温暖化ガスの排出量取引や電気自動車(EV)の普及などを地方自治体として世界に先駆けて取り組んだジェリー・ブラウン前カリフォルニア州知事に聞いた。

私が知事に就任した2011年ごろ、米国では気候変動は大きな問題とされていなかった。オバマ大統領(当時)と習近平(シー・ジンピン)国家主席が合意し、国際的な温暖化対策の枠組みであるパリ協定が発効し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り953文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン